便秘を治して、スッキリ健康的な生活を~長谷川桜子

便秘対策

便秘が老化の原因!?

毎日スッキリした気分で過ごすには、快便であることが一つの条件です。しかし、一般の人にとって快便を続けることはなかなか難しいことです。重苦しい気分をかかえたままの人が少なくありません。

快便は健康の基本

便通のよし悪しは、「快食快便」といわれるように健康の基本となるもので、極端ないい方をすれば便通の様子で健康状態が占えるのです。したがって毎朝、気持ちのよいトイレタイムを過ごし、スッキリすれば自然に食欲もわいてくるし、気力も充実してきます。逆に便通が悪いと、気分も悪く食欲も出ない、頭もなんとなく重いなど多くのトラブルにみまわれます。また、無理に出そうと力いっぱい気張ったりすると、痔の原因にもなります。

便秘は、胃腸の働きが正常でないことが原因でおこります。胃腸が老化したためにおこるのです。

便秘が宿便をまねく

こうなって胃腸の排泄力が弱まると、排泄しきれない便が腸にこびりついていわゆる「宿便」になってしまいます。この宿便から出る毒素(邪気)がからだをどんどん老化させてしまいます。

便秘は全身の老化の元凶

女性の6割は便秘といわれるほど、慢性的な便秘症になりやすく、2、3日なくてもあたりまえくらいに考えている人もいるようです。しかし、これはたいへんなまちがいです。便秘は、全身の老化の元凶だといっても過言ではありません。

宿便から出る毒素

その例を示すと、若いうちは2、3日便秘をすると、たちどころにニキビやふきでものなどがよくできます。これは腸にたまった便から出る毒素を体外に出そうという働きの現れです。

毒素はニキビをひきおこす

毒素はニキビなどに形を変えて現れるのです。本来の健康を考えると、ニキビができるからだの状態は望ましくありません。しかし、現代人をみていると、ニキビができるうちはまだいいといえます。

毒素はやがて頭痛や肩こりの原因となる

どういうことかというと、老化が進みからだが弱ってくると、ニキビさえできなくなってしまうのです。つまり毒素はからだのなかにどんどんたまるだけになってしまい、これが頭痛、肩こりなど多くのトラブルの原因となり、かちだはますます老化するという悪いコースをたどります。

「快便」は、イキイキした若さを保ち、はつらつとした健康を維持するための最低条件です。

便秘対策のおススメは「腹もみ」

毎朝すっきりした便通のあるからだなら、多少疲労してもすぐ回復しまするが、便秘ぎみだと回復力も弱まり、いつも疲れが残るようになりやすいです。その点から考えても便秘は早めに治しておきたいものですが、それには、按腹による胃腸の刺激が効果的です。

按腹による胃腸の刺激

按腹は胃腸に刺激を与え、正常な働きをとりもどしてくれます。

(1)仰向けに寝て両膝を立てる。この際、腹部は着衣をとっておく。
(2)腹部全体を手のひらで、20回軽くなでまわす。
(3)両手の指先をそろえて立て、腹全体を縦に三等分、横に三等分するように下から上へと順に押さえていく。この場合、指を離すときに静かに息を吐き出すようにする。

なお、盲腸や胃腸の手術などをしている人は、3は絶対に行わないでください。

さわやかなトイレタイムを過ごす「腹もみ」

按腹と同時にトイレのなかでもお腹をもむようにしましょう。大便がすっかり出るとともに、腸内にたまったガスも出すことができます。トイレではつぎのようにします。

(1)小便、大便を排泄したら、まず右足に体重をかけて、左側の下腹を何回も押すようにしてもんでやる。
(2)同様に左足に体重をかけて、右側の下腹を押しながらもむ。呼吸は按腹のように、腹から手を離すときに息を吐く。腹部をなでて硬いところがあったら、それが宿便なので、そこを何回ももむと大便もすっかり出る。

按腹は不老長寿の秘法

「按腹をすると、最初は黒い血の塊のような便が出てきてびっくりしました」という人がいます。
これは長い間のうちに腸にこびりついていた宿便です。このたまった宿便をすっかり出しきると、それまで常習的な肩こりなど不調を訴えていた人が、生まれ変わったように元気になることも多いです。この按腹は"不老長寿の秘法"といわれ、老化も防ぎます。

商品紹介

メニュー

美ライフ produced by 長谷川桜子 All Rights Reserved.